ピストから始めたBROMPTON

BROMPTON RACING!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハブベアリングカスタム

今回はFハブのベアリングをセラミックの球に交換。

243161696.jpg
有限会社舟辺精工さんのセラミックボール 3/16(4.76mm) 精度:G3 1球=120円

G3という精度はセラミックボールの規格では最高水準で自転車に使うにはオーバースペックな代物
ほかにもG5、G20と言うグレードのものもあるがG20ですらオーバースペックなのでまぁ無駄に精度の高いものを今回使うわけです。
シマノのDURAのハブのスチールボールですらG20以下の代物、まぁ22個で300円なんでね・・・

こいつを40個購入、Fハブは20コ、Rハブは20ぅ・・・シールドベアリングでした・・・(分解してから気付く・・・)
Rハブもベアリング球のタイプかと思ってたけどまさかシールドベアリング仕様とは・・・
まぁ、予備で20個ということで・・・

さて気を取り直してFハブをいじりましょう!

まずは分解、ホイールから球を取り出してパーツクリーナーで洗浄完璧に脱脂します。
243161700.jpg
本当は内部と球押しをピカールなどで磨いてボリッシュにすると転がり格段に良くなるんですが工具が無いので断念

綺麗に脂分が取れたら新しくグリスを塗ります、セラミックにはフッ素系のグリスが合うのですがめちゃくちゃお値段が高い!1万越えとか

で今回はそんなに予算が無いので
243161697.jpg
フィニッシュライン セラミックグリース 1,470円

安!シ○ノ某糞グリス買うならこっちのほうがいいわねw
しかも一応フッ素系ポリマー配合なのでセラミックベアリングにも相性が良い!・・・はずw
ピストバイク、BMXの自転車のチューンで有名なBOREDのメカニックさんもお勧めしてる品です。
243161917.jpg
早速トレーにグリスを出して薄く伸ばしその上にセラミックボールを置き綿棒でゴロゴロ塗り塗り
球受け、球押し、シャフトにもぬりぬりし球を左右に10個ずつ置きます
243161916.jpg
画像が暗くて見えにくいですが初期搭載の球は隙間開いてたけど交換したセラミックボールは隙間無く入りました。

回転は初期搭載の球と比べると精度がぜんぜん違うので見違えるほど変わってます。
ただハブ自体の回転軸がぶれてようで、やはりシールドベアリング搭載のしっかりしたハブに変えたほうがいいかも・・・

まぁこれで小径のネックの回転抵抗をある程度克服できたな・・・

 


追記:ちなみにRハブのシールドベアリングは三つ入ってます、サイズは6000と6900と6901。
6000と6901はENDUROからセラミックシールドベアリングがでてるんだけどなぁ6900は・・・
分解してBOREDのオイルでも挿すかな・・・



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/07/23(月) 20:54:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotoredo.blog95.fc2.com/tb.php/19-628514f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。