ピストから始めたBROMPTON

BROMPTON RACING!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプロケを11T化

仕事がお休みで暇な毎日、更新はサボってましたが、自転車はずっといじり続けてましたw

今回はリアのスプロケットを11T化。

ホイール、BB、プーリーのベアリング交換で大分ペダルが軽くなったので
少しギア比を変更して走行速度を上げようという魂胆。

現在のギア比はBROMPTON S1Eのデフォルト状態で

前50T 後12T  =4.17

これを今回の変更で

前50T 後11T  =4.55

にギア比を上げます。
で今回なぜ前のチェーンリングじゃなく後ろのスプロケを交換でギア比変更するかというと・・・
予算が安く済むからというケチな理由w
しかしブロンプトン純正のスプロケ、実は12Tまでしかでてません。
で、今回ネットを巡回していて思いついた方法で11T化を試みます。

:使用するパーツ
・シマノスモールパーツで注文したDURA、アルテグラのトップギア部分の11Tギア(ニッケルメッキ製)  税抜き1200円
270758864.jpg 275319344.jpg
軽量で磨耗に強いパーツです。

・スペーサー
275319345.jpg
今回は家にあったボロボロのシマノSoraのスプロケばらして摘出、加工して使うので削りやすい樹脂製で


さて今回一番トップ側のギアを選んだので実はそのまんまじゃ装着できないので電動ヤスリで少し削り
溝を掘ります。
270758870.jpg
削り過ぎないように注意、力を入れないとはまらないくらいキツめの方が○
リアハブに当てて入るか確かめながら削って3時間、か、硬くて削れないw


入るようになったら次にスペーサーも削ります。
275319350.jpg
左が元々付いてた金属製スペーサー、右が削った樹脂性スペーサー
かなり薄くしないとチェーンがギアにちゃんと噛まないで浮いて外れてしまうので、かなり薄く削ります。


で4時間ほど作業して完成!
270758865.jpg
歯が一枚減っただけでかなりコンパクトになった印象

タイヤをはめてチェーンを装着でちゃんと回るか確認
歯の形が鮫の背びれの形のおかげか前より静かになってます。

早速CRを走行
交換前よりペダルがかなり重くなり最初は重いな回し続けれるかな~と不安でしたが慣れるとガンガン回せる様に
気づくと30キロほどのスピードで走行してました。

10キロほど平地を走行して平均速度28㌔ MAX速度44㌔ 
平均2㌔↑ MAX6㌔↑

風があったので信頼性は低い数字ですがまぁ速度が上がるのは当たり前か・・・

さて今度は長距離走って足が持つか試さないとな・・・
275548402.jpg







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotoredo.blog95.fc2.com/tb.php/25-abf4d2ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。